慶良間の観光情報

慶良間の観光情報を知りたいというかたにお教えします。 - 慶良間の観光基本情報と島の紹介

慶良間の観光基本情報と島の紹介

とっても綺麗な海で大自然が楽しめる人気のスポット慶良間諸島が国立公園の指定を受けたのは2014(平成26)年3月5日のことでした。
それ以降、注目度されることが多くなってマリンスポーツや観光目的で訪れる人たちが多くなってきています。
今回は【慶良間の観光基本情報と島の紹介】をします。

■慶良間(けらま)の観光基本情報

慶良間諸島は約20の島々から出来ています。
沖縄本島からは西の方角にあり約40キロ離れています。
日帰りで訪れることも可能で、那覇・泊港から船を利用すれば30分から1時間程度で訪問できます。
透明度が良いので世界的にも有名な海です。
hrtrs
クジラもたくさん生息しており、世界各地のダイバーが注目しています。
慶良間諸島はほとんどが無人島で、人が住んでいるのは「渡嘉敷島」「座間味島」「阿嘉島」「慶留間島」だけです。
中でも一番観光業が進んでいるのは「座間味島」です。
慶良間ダイビング関連のショップも多いですし、宿泊施設も充実しています。
海ガメ・マンタ・色鮮やかな熱帯魚や豊富な珊瑚礁が魅力です。

■慶良間諸島の4つの島の紹介

1番目は渡嘉敷島(とかしきじま)です。
4つの島の中では一番、那覇本島に近いです。
時間は35分ほどです。
慶良間諸島の中では一番大きな島で、昔から人が住んでいた島です。
観光スポットとしては「阿波連ビーチ」や「赤間山」です。
2番目は座間味島(ざまみじま)です。
慶良間諸島の代表的な観光地で那覇泊港から高速船を使って50分程度と比較的近いです。
座間味島の周辺は<ザトウクジラの回遊ルート>で有名ですし、映画「マリリンに逢いたい」の舞台にもなりました。
3番目は阿嘉島(あかしま)です。
座間味島と距離が近いのでお互いの島が見えるほどで、素朴さが残っている島です。
特にニシハマビーチは透明度が高くダイバーで賑わっています。
座間味島と比較してもお店も少ないですし、大自然を楽しみたいならばお薦めしたい観光スポットです。
4番目は慶留間島(げるまじま)です。
4つの島の中では一番小さい面積です。
集落も1つのみで阿嘉島とは阿嘉大橋で結ばれています。
天然記念物である慶良間鹿が生育するエリアで、島内の大部分は森林原野のジャングルで人間の手にそまっていない自然を楽しめます。

■まとめ

慶良間諸島は以上の4つの島以外にも無人島がありますが定期航路はほとんどありません。
訪問するならば現地から無人島ツアーなどのオプショナルツアーを利用するといいでしょう。
人気の慶良間諸島ですが、これまでに経験したことがないマリンアクティビティにチャレンジしたい人も多いです。
今回は【慶良間諸島でのアクティビティ・スタンドアップパドルボードについてよくある質問】をまとめましたので参考にしてみてください。

■初心者でも大丈夫でしょうか?

――個人差はありますが、大丈夫です。
ボードに立って前に進んだり、とまったり、まがったり……基本的なことはレクチャーしてくれます。
年齢も関係ありませんから、やる気があればどんどんとチャレンジしてみてはどうでしょうか?

■泳げなくても大丈夫でしょうか?

――参加するゲストは全員ライフジャケットを着用することになっています。
海の中に沈みたいという気持ちがあっても沈めませんので安心してください。

■どういった服装で参加すればいいのでしょうか?

――5月から10月までのシーズン期ならば、水着の上にTシャツや短パンなど濡れても問題ない服装でOKです。
日差しがキツイですから日焼けが気になるならば速乾性の長袖のTシャツやロングのラッシュガードや日よけの帽子を持参されることをお薦めします。
ラッシュガードとは、水に濡れても大丈夫な上着の水着で、いりいろなマリンアクティビティで利用されています。
11月から4月のオフシーズンは、防寒対策が必要です。
ウエットスーツやマリンシューズを用意しておきましょう。
ショップによればレンタルもあります。

■すぐに落ちてしまうのでしょうか?

――特にそういうことでもないです。
操作に慣れるまでは座った状態で練習してから立つようにすればいいです。
体型にあったビギナー向けのボードを用意してくれます。

■まとめ

これ以外にも、落ちたらスグ上がれるのでしょうか?みたいな質問もありますが、簡単に上がれます。
ツアー実施前にバドリングというパドルの使い方やボードに簡単に上がれる方法を教えてくれます。
お子さまでも小学生以上ならば問題なく参加できます。

Copyright(C)2015 慶良間の観光情報 All Rights Reserved.